HOME

| EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

[ 1F ]  展覧会 :: EXHIBITIONS

加納光於展 KANO Mitsuo
2024.6.10(月)‐6.22(土)
日曜日休廊 10:30-18:30

加納光於(1933-)は独学で銅版画を学び、1950年代半ばから作品を発表。1960年代にはリュブリアナ国際版画ビエンナーレ、東京国際版画ビエンナーレなど数々の国際展で評価を高め、日本を代表する作家となりました。

初期の作品は植物や生物を思わせるモノクロームの銅版画を中心に、その後メタルプリント、リトグラフ、オブジェなどを発表。また、瀧口修造、大岡信など詩人とのコラボレーション、舞台美術、ブックワークなど幅広い活動を行い、1980年代からは色彩豊かな油彩を発表。近年では愛知県美術館(2000)、神奈川県立近代美術館・鎌倉(2013)、CCGA現代グラフィックアートセンター(福島、2017)での個展、「瀧口修造/加納光於《海燕のセミオテック》2019」富山県美術館などに出品しました。

1983年、北九州市立美術館にて開催された「加納光於 PAINTINGS ’80-83」では、1980年に初めて油彩を発表してからの3年間に制作された全60点が出品され、オーロラのような色彩に満ちた表現世界は高く評価されました。本展では、北九州市立美術館に出品された油彩大作3点と1988年に制作された油彩1点を中心に、1970年代の《稲妻捕り》シリーズのドローイング、1960年代のメタルプリントによる版画を出品いたします。この貴重な機会をお見逃しなく、ぜひご高覧ください。

また、5月18日より北九州市立美術館のコレクション展にて、1983年の展覧会に出品された作品が展示されますので、併せてご高覧ください。

 

〈関連情報〉

「コレクション展Ⅰ  特集 アートシーン ―'80s」
2024年5月18日(土)‐8月25日(日) 北九州市立美術館(福岡県北九州市)

 

>> 加納光於 略歴

 

〈前回の展覧会〉

加納光於 KANO mitsuo
《雲形の遍歴者》「伊勢物語」第六段拾遺

2023.2.27(月)‐3.18(土)

 

オンラインショップ「OIL by 美術手帖」にて加納光於の作品を販売中

オンラインショップ「OIL by 美術手帖」にて加納光於の作品を販売中

加納光於 KANO Mitsuo
「身を伏せよ」 1982

「身を伏せよ」
1982
油彩、カンヴァス
193.9×260.6cm

 

加納光於 KANO Mitsuo
《繁み・運動・エレメント》―C 1988

《繁み・運動・エレメント》―C
1988
油彩、カンヴァス
227.3×181.8cm

| HOME  | EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

© 2024 Galerie Tokyo Humanité. All rights reserved.