HOME

| EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

[ 1F ]  展覧会 :: EXHIBITIONS

黒田克正展 KURODA Katsumasa
―キャバレー・ヴォルテールは開いているか Part II―
2022.12.8(木)‐12.28(水)
日曜日休廊 10:30-18:30

黒田克正は1945年滋賀県生まれ。武蔵野美術大学、東京藝術大学大学院修了後、1988年「日本国際美術展」大賞受賞、以降「アートエキサイティング '89 日豪交換現代日本美術展」、「安井賞展」、「大阪絵画トリエンナーレ」など国内外で作品を発表。近年も東京、京都で個展を開催するなど精力的に活動しています。ニューヨークのグラフティアートに影響を受け、油彩にとどまらず、様々な素材を駆使したパワフルで即興的なペインティングが特徴です。
また、音楽家・長谷川きよし、三宅榛名、女優・吉行和子、舞踏家・大野一雄等の舞台美術を手がけるなど、美術の垣根を越えて幅広く活躍。さらに2001年には真如堂(京都)元管主、画家の齋藤真成氏と、2006年には陶芸家・清水六兵衛氏とそれぞれコラボレーション展を開催。世代を超え互いの価値観がせめぎあう作品は好評を博しました。

前回の個展では10年ほど前から描きためたドローイング約70点を発表し、黒田が日々向き合っている「描く行為」の集積が示されました。それらは黒田の制作の原点となり、無数の線描と色相が複雑に交錯する画面が構築されていきます。今展では幅5mもの大作を含む新作17点を展示いたしますので、ぜひご高覧いただきますようお願いいたします。

 

〈作家コメント〉

僕は「絵を描くこと」の意味を考え続けて来た。
それは落書きを始めた、あの原点に戻る過程でもあった。
僕の眼と僕の五感を通じて、手とともにあること。手が絵とともに生きていること。
日々に加わり続け、また薄れゆく記憶。
時に静かに、時に高揚しながらやってくる感情、感覚の残滓。
流れの渦中に僕がいて、そして絵がある。
実感の無い記憶の断片・・それは美とは裏腹なものだ。
気候変動、疫病、戦争、残酷な時間の停止、それらが生み出す抑圧感・・僕はただ情報に流されながら、それらの只中に浮遊している。
実感の無い恐怖。「僕に、何ができる? 何ができる?」
絵具を持って、あのキャバレー・ヴォルテールに逃げ込もう。
はたしてその扉は、今の僕に開いてくれるだろうか。

2022.10.13

 

>> 黒田克正 略歴

 

〈前回の展覧会〉

黒田克正 Drawings
KURODA Katsumasa

2020.8.31(月)‐9.12(土)

黒田克正 KURODA Katsumasa
「花園にて」 2022

「花園にて」
2022
アクリル、キャンバス
80.5×100.0cm

 

黒田克正 KURODA Katsumasa
「夜更の出発」 2022

「夜更の出発」
2022
アクリル、キャンバス
91.0×117.0cm

| HOME  | EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

© 2022 Galerie Tokyo Humanité. All rights reserved.