HOME

| EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

[ 1F ]  展覧会 :: EXHIBITIONS

加納光於 「波動説」―インタリオをめぐって
KANO Mitsuo Color Intaglio 1984-1985
2021.6.28(月)‐7.17(土)
日曜祝日休廊 10:30-18:30

加納光於(かのう・みつお/b. 1933)は独学で銅版画を学び、1950年代半ばから作品を発表。1960年代にはリュブリアナ国際版画ビエンナーレ、東京国際版画ビエンナーレなど数々の国際展で評価を高め、日本を代表する作家となりました。

初期の作品は植物や生物を思わせるモノクロームの銅版画を中心に、その後メタルプリント、リトグラフ、オブジェなどを発表。また、瀧口修造、大岡信など詩人とのコラボレーション、舞台美術、ブックワーク等幅広い活動を行い、1980年代からは色彩豊かな油彩を発表。近年では愛知県美術館(2000)、神奈川県立近代美術館 鎌倉(2013)、CCGA現代グラフィックアートセンター(福島/2017)での個展、「瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオテック》 2019」富山県美術館などに出品しました。

本展は、加納が長年にわたって制作を続け、代表的作品となったカラーインタリオ(銅版画)の中でも、最初に発表された《「波動説」―intaglioをめぐって》シリーズ(全34点)を、1985年の発表以来36年振りに全点展示いたします。それまでの幻想的なモノクローム、物質性の高いメタルプリントから一転、1980年代からは油彩を発表しますが、その豊かな色彩が銅版画にも再現されたのが本シリーズで、自作インクとともに水、銅板の腐蝕作用が作り出す画面は奇跡的ともいえる饒舌な作品です。

現在もなお精力的に制作に挑む加納の原点ともいえるカラーインタリオ。この貴重な機会をお見逃しなく是非ご高覧下さい。

 

>> 出品リスト List of Wokrs

>> 加納光於 略歴

 

〈前回の展覧会〉

加納光於 KANO mitsuo
《巡りあう種子のように》 1994
《夜狐―六庭譜》 2019

2019.10.15(火)‐11.2(土)

 

オンラインショップ「OIL by 美術手帖」にて加納光於の初期銅版画を販売中

オンラインショップ「OIL by 美術手帖」にて加納光於の初期銅版画を販売中

加納光於 KANO Mitsuo
「波動説」―intaglioをめぐって No. 28 1985

「波動説」―intaglioをめぐって No. 28
1985
カラーインタリオ
70.0×50.0cm
ed. 30
Wave Theory - Concerning Intaglio No. 28
Color intaglio

 

加納光於 KANO Mitsuo
「波動説」―intaglioをめぐって No. 1 1984-85

「波動説」―intaglioをめぐって No. 1
1984-85
カラーインタリオ
63.3×44.5cm
ed. 30
Wave Theory - Concerning Intaglio No. 1
Color intaglio

 

加納光於 KANO Mitsuo
「波動説」―intaglioをめぐって No. 10 1984-85

「波動説」―intaglioをめぐって No. 10
1984-85
カラーインタリオ
42.4×57.0cm
ed. 30
Wave Theory - Concerning Intaglio No. 10
Color intaglio

 

会場風景 / Installation view

会場風景 / Installation view

会場風景 / Installation view

| HOME  | EXHIBITIONS  | ARTISTS  | NEWS  | RENTAL  | CONTACT US  | LINK  |

© 2021 Galerie Tokyo Humanité. All rights reserved.